行動制限回避へ4回目接種 コロナと「併存」 第7波対策

行動制限回避へ4回目接種 コロナと「併存」 第7波対策

これはテキストサンプルです。これはテキストサンプルです。

政府は15日午前、新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を首相官邸で開いた。

 

 「第7波」と指摘される急速な感染再拡大を受け、高齢者らへの4回目のワクチン接種促進や駅・空港での無料検査体制の強化、効率的な換気徹底などに取り組む方針を決定した。行動制限を避けながら感染抑止を目指す狙いだ。

 

【図解】新型コロナウイルスの国内累計感染者数と死者数

 

 岸田文雄首相は会合で「行動制限は現時点で考えていない」と重ねて説明。「最大限の警戒を保ち、社会経済活動の回復に向けて取り組む」と述べた。対応方針には「新型コロナと併存しつつ、平時への移行を慎重に進めていく」ことも盛り込んだ。

 

 山際大志郎経済再生担当相はこの後の記者会見で、夏休み期間中の帰省に関し、「出発前と帰省先から戻る際に積極的な検査をお願いする」と述べ、無料検査の活用などを呼び掛けた。